シークレットブーツを履くのは疲れる?

シークレットブーツに興味を持っているけど躊躇してしまう理由のひとつとして、「シークレットブーツを履いて歩くのは疲れそう」「足が痛くなりそう」というような声を聞きました。

シークレットブーツは、シューズの中にインソール(上げ底)が入っていて、その分身長が高くなるという仕組みです。
このインソールは、つまさきからかかとにかけて傾斜がついていて、ちょうど女性の履くヒールの靴のような形になっています。

つまり、女性がヒールを履いたときと同じ足の状態になるということです。

女性の目線から言うと、普通の靴を履くよりも高いヒールの靴を履くときの方が、足への負担は大きくなります。
ただしこれも個人差があり、普段からよくヒールを履く女性は慣れていてまったく疲れを感じなかったりもします。

arcanaltのシークレットブーツを実際に履いた方の感想としては、

  • 初めて履いたときは違和感がある
  • 普段より少し歩きづらさを感じる
  • しばらく履いていると慣れてきて、特に疲れは感じない

という意見が多いです。
男性にとってはかかとが上がった靴は違和感があるかもしれませんが、履き慣れれば快適に履けるようになるようです。

とはいえ、慣れないうちはやはり疲れてしまったり歩きにくさを感じてしまうこともあるかもしれません。

そこで、シークレットブーツ初心者さんに向けて、少しでも足に負担をかけずシークレットブーツを履くコツを紹介したいと思います。

 

シークレットブーツによる足の負担を減らす方法

 

1.自分に合ったサイズを選ぶ

まずは、購入する際のポイント。
自分の足のサイズに合ったシークレットブーツを選んで購入するということです。

当たり前のことですがこれが結構重要。
サイズが窮屈だと、足を締め付けてしまって、長時間歩くと痛くなってしまいます。
かといって大きめもNG。
インソールに傾斜がついているため、シューズと足の間に隙間がありすぎると、足がつま先の方に寄っていってしまい、歩きにくく足の負担にもなります。

大きすぎず小さすぎない、しっかり足にフィットするサイズを選んでくださいね。

ちなみに、arcanaltのシークレットブーツは海外メーカーから輸入しているため、サイズ表記が日本のように「cm」ではなく、USサイズ(アメリカのサイズ表記)になっています。

普段海外で靴を買ったことがない人はサイズを選びにくいかもしれません。
また、ネット通販で購入すると試着ができないため、届いてみたらちょっとサイズが合わなかったということもあるかもしれません。

arcanaltでは、お客様に安心してお買い物していただけるように、購入後のサイズ交換を1回無料で承っています。
詳しくはこちらのページをご覧ください!

 

 

2.歩き方に気を付ける

シークレットブーツは少し傾斜がついている構造になっているため、普段ヒールを履く経験がない男性にとっては、初めは少し履き心地に戸惑うかもしれません。
なるべく足に負担をかけないために、歩き方のコツも覚えておいてください!

 

★少しかかと側に重心を

シークレットブーツはインソールの傾斜により、つま先に重心が行きがちです。
バランスをうまくとるために、前のめりにならずに、少しだけかかとの方に重心を持ってくる気持ちで歩くと安定しやすいですよ。

 

★ひざは曲げすぎない

猫背な方によくあるのですが、腰が落ちてひざが曲がった状態で歩いてしまうと、重心が前に偏って歩きにくく、足への負担も大きくなります。

背筋を伸ばして、少しひざを伸ばすイメージで歩きましょう。
その方が姿勢が良くなり、さらにスタイルもよく見えますよ!

 

★歩幅は大きすぎず

慣れない靴を履いているわけですから、大股で歩くと疲れる原因になってしまいます。
慣れないうちは、いつもより少し小さめの歩幅で歩くように意識すると、安定して歩きやすくなります。
そのうちだんだんとコツがつかめてくると思うので、徐々に普通の歩幅に戻していけばOKです!

 

 

3.中敷きで調整する

履き心地があまり良くない場合、市販の中敷きを使って調整しましょう。
市販の中敷きにもいろいろな種類がありますが、つま先の方に重心がかかってしまうのであれば、つま先にクッション性があるタイプのものを選ぶと良いです。

また、土踏まずの位置にクッションがあるタイプのものを選ぶと、全体的にフィット感が増すので歩きやすくなると思いますよ。

また、これはハイヒールを履くときの負担を軽減する方法としてメディアで紹介されていた方法なのですが、中敷きの代わりに耐震マットを貼るというものです。

靴底の土踏まずあたりにくる位置に、図のように耐震マットを貼るだけ。
耐震マットは滑り止め効果があるので、足がつま先側に寄ってしまうのを防いで、足への負担を減らすことができるようです。

 

快適に履くための工夫を!

初めてシークレットブーツを履くという方は、履き心地や疲れやすさに不安を覚える方も多いかと思います。
今回紹介したコツや対策を活用して、少しでも快適にシークレットブーツを履いていただけたら幸いです。

だんだん慣れてくれば、きっと楽に履きこなすことができるようになりますよ!