就活でもシークレットブーツが使える?

シークレットブーツを履きたい理由・シーンは人によってそれぞれだと思いますが、その中に「就活シーン」での活用があります。
就活で企業との面接をする際に、スーツにビジネスタイプのシークレットブーツを合わせるというものです。

以前、男性を対象に「どんなときに背が高くなりたいと感じますか?」とアンケートを実施したのですが、その中で「就活のとき」と答えた方が意外といらっしゃいました。

就活でシークレットブーツが役に立つとはどういうことなのでしょうか?

 

なぜ就活でシークレットブーツなのか?

就活の面接時にシークレットブーツが何の役に立つのでしょうか?
それはずばり、「見た目の印象力を上げる」ということです!

 

見た目の印象は就活で大事?

就活の面接には、さまざまな準備をして挑みますよね。
面接で話す内容を考えたり、大きな声ではっきりと話すことを意識したり、所作に気を遣ったり……

その際、ほとんどの人は「見た目」にも気を遣うのではないでしょうか。
髪形や服装、女性ならメイク、服や靴が汚れていないか、表情が暗くないか……
これらはすべて、「面接官に好印象を与えるため」の行為ですよね。

たかだか30分の面接で話した内容でその人の人となりや能力を判断することはできません。
そして面接官も人間。そうなると、絶対に「見た目で与えられた第一印象」が少なからず結果を左右することになるのです。

「この人、感じ良さそうだな」と思わせた方が面接では圧倒的に有利ですよね。

シークレットブーツで印象力はアップする?

では、シークレットブーツを履けば「見た目の印象」はアップするのでしょうか?

背が高い方が好印象を持たれやすい、背が低いと悪い印象を与えてしまう、
そんなことは決してないと思います。

ですが、背の高い人がスーツをビシッと綺麗に着ているのを見ると、なんだかそれだけで堂々として頼りになりそうなイメージがありませんか?

もちろん人にもよるでしょうし、背が高くなったからといって必ずしも大きく見た目が変化するわけではないかもしれませんが、身長を高く見せることで第一印象にプラスの影響を与えることがあるのは間違いないと思います。

シークレットブーツを履くと何が変わるの?

では、実際にシークレットブーツを履くとどんなふうに変化があるのでしょうか。
今回はビジネスタイプのシークレットブーツを履いた男性に変化を聞いてみました。

165cmの男性が10cmアップのシークレットブーツを履いたビフォーアフターの写真がこちらです。



シュッとスタイルが良くなり、かなり印象が変わりましたよね。
やはりスーツを着た男性が背が高いと、しっかりと頼りがいのあるような印象を持ちます。

シークレットブーツを着用した感想を実際に本人に聞いてみると、

  • 視界が高くなって違う自分になれた感じがする
  • 自信が持てて堂々とできる気がする
  • 自然と背筋が伸びて気持ちが引き締まる

とのことでした。

シークレットブーツを履くと、周りから見た印象が変わるのはもちろん、履いている本人の心境にまで変化があるんですね。

和服やドレスなど、そしてスーツもそうだと思いますが、普段とはちょっと違う格好をしたときって、気持ちまで新鮮になり気が引き締まることがありませんか?

シークレットブーツもそれと同じで、視界が高くなると自信が持て、それによってさらに堂々とした印象を与えることができるのではないでしょうか。

 

就活用シークレットブーツの選び方

ひとことでビジネスシューズと言っても、いろいろな種類がありますよね。
どんなシークレットブーツが就活用として適切なのでしょうか?

 

フォーマルなデザイン

ビジネスシューズはつま先の模様などによって種類がありますが、

  • ストレートチップ(つま先に1本線が入っているタイプ)
  • プレーントゥ(つま先に装飾が何もないタイプ)

これらが就活やビジネスシーンに向いたデザインです。
特にストレートチップが最もフォーマルな場にふさわしいとされています。

また、ビジネスシューズの羽根の形によっても種類が分かれます。

↑このように靴ひもを通す部分の皮が甲の部分と合わさっておらず被さった状態になっているのが外羽根タイプ。



↑靴ひもを通す部分の皮が甲の部分と一体になっているのが内羽根タイプです。

一般的に内羽根はフォーマルな場にふさわしく、外羽根は少しカジュアルなタイプと言われています。
就活ではよりフォーマルな印象がある内羽根の方がおすすめです。

 

履きやすさ・歩きやすさ

就活の際は、1日にいくつもの面接を受けたり、説明会をはしごしたりと、移動が多くなりがち。
そうなると、足の負担も考えて「履きやすさ」が重要になってきます。

もちろん普通のビジネスシューズに比べると、インソールがある分シークレットブーツの方が足に負担がかかりやすいかもしれません。
でも、6~7cm程度の低めのシークレットブーツなら、慣れれば1日中歩いても平気なくらいになります。
いきなり10cm以上のタイプはおすすめしません。6cmでも十分印象が変わりますよ!

 

ビジネスタイプのシークレットブーツはこちらから探せます。
ぜひ自分に合ったビジネスシークレットブーツを見つけて、自信を持って就活に挑んでくださいね。応援してます!