シークレットブーツの構造はどうなってる?仕組みを解説

シークレットブーツは、外から見ると普通の靴だけど、身長を高く見せることができるシューズです。

どんな仕組みになってるのかいまいちイメージできない方もいると思うので、今回はシークレットブーツの仕組みについて解説していきます。

 

シークレットブーツの仕組み

インソールで身長アップ!

外から見たら普通だけど身長が高くなるシークレットブーツのからくり、それはずばりインソールです。

インソールというのは、靴の中に入っている上げ底のこと。
中敷きのような感じで上げ底が入っています。

こんな感じです。
このインソールはつまさきからかかとにかけてだんだん高くなるように傾斜がついています。
女性の履くヒールの靴をイメージすると分かりやすいと思います。

arcanaltでは、「6cmアップ」から「13cmアップ」までの高さのバリエーションのシークレットブーツを販売しています。

この「●cmアップ」と言うときの数字は、インソールの高さ見た目のヒール(ソール)の高さを足したものです。

外から見えるヒールの高さと実際の高さが違う、これがシークレットブーツの仕組みです。

 

インソールが入っていることがバレる?

見た目は普通の靴に見えるため、身長を盛っていることがバレないというのがシークレットブーツなのですが、じゃあ脱いだ状態の靴を見たら中にインソールが入っていることがバレるんじゃないの?と思われるかもしれません。

正直に言うと、その通りです。
物理的に中に上げ底が入っているわけですから、じっくり観察したり触ってみれば、さすがに上げ底であることは分かります。

なので、絶対にバレたくない!と言う方は、「人前ではシークレットブーツを脱がない」というのが基本です。

では、実際に脱いだ状態のシークレットブーツがどんなものかと言うと……

 

これは10cmアップのシークレットブーツを上から見た状態です。

中には約7cmのインソールが入っているのですが、あからさまに底上げされている感じはあまりしないですよね。
むしろ、パッと視界に入ったくらいじゃ特に違和感は感じないと思います。

 

arcanaltのシークレットブーツは海外のシークレットブーツ専門メーカーが製造しているため、上げ底の状態が目立たないように工夫されているんです。

詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。
⇒お客様からのよくある質問

 

 

インソールがあると履きにくい?

このようにシークレットブーツには上げ底となるインソールが入っているわけですが、履き心地・歩き心地が気になる方も多いと思います。

ヒールを履くのに慣れている女性と違って、男性はかかとが高く傾斜がついている靴を履く機会はほとんどないと思うので、履きにくいのではないか心配になりますよね。

もちろん、普通の靴と比べると履きづらさを感じることはあるかもしれません。(女性だってヒールを履くのは疲れるのです。)
初めて履く方は、履き心地に戸惑うこともあると思います。

ただ、初めてシークレットブーツを履いた方の感想としてよく聞くのが、「最初は違和感があったけどだんだん慣れてきた」というものです。
かかとが上がっている靴を初めて履いたときは、体勢に違和感があったり歩きにくく感じるものの、しばらく歩いているとコツをつかめて問題なく過ごせるようになります。

また、あまり長時間・長距離歩きすぎると普通の靴よりは足に負担がかかってしまうので、時と場合に合わせて履くことも大切です!

シークレットブーツによる足の負担を減らすコツはこちらの記事をご覧ください。
⇒シークレットブーツを履くのは疲れる?

 

 

 

初心者さんにおすすめシークレットブーツ

シークレットブーツの仕組みは理解していただけましたか?

最後に、シークレットブーツを履いたことがない初心者の方でも履きやすいシークレットブーツをおすすめしたいと思います。
いきなりかかとが高すぎるシークレットブーツを履くと歩きづらさを感じてしまうかもしれないので、まずは低めのサイズから挑戦するのがおすすめです。

 

6cmUP スニーカー(ID:061)

爽やかなブルーがコーディネートのアクセントにもなるスニーカー。
ローカットで、見た目は普通のスニーカーです!

 

7.5cmUP ビジネスシューズ(ID:005)

スリムな印象もあるデザインのダブルモンクタイプのビジネスシューズ。

 

初心者さんにおすすめの6~7.5cmアップのシークレットブーツ一覧